症例報告

副甲状腺癌の1例

近藤早枝香1   増井 憲太2   尾身 葉子3
都倉 桃子3   永井 絵林3   山本 智子2,4
岡本 高宏3   長嶋 洋治4,5

1東京女子医科大学医学部,2同 第一病理学,3同 乳腺·内分泌外科,4同 病理診断科,5同 がんセンター)

要旨: 症例は60代,男性。原発性副甲状腺機能亢進症のため,隣接甲状腺組織とともに左上副甲状腺摘除された。副甲状腺全体が腫瘍に置換され,周囲脂肪組織に舌状突出,甲状腺組織に浸潤していた。内部にはthick fibrous bandと静脈侵襲がみられた。腫瘍は多形性を伴う主細胞様細胞から構成されていた。腫瘍細胞はPTH陽性,parafibromin陰性,Ki67標識率は1%未満だった。増殖能こそ低いが,浸潤性増殖,thick fibrous band,静脈浸潤の存在から,副甲状腺癌と診断した。

Key words:Parathyroid, Carcinoma, Hyperparathyroidism, Parafibromin, PTH

Parathyroid carcinoma:a case report

Saeka Kondo1, Kenta Masui2, Yoko Omi3, Momoko Tokura3, Erin Nagai3, Tomoko Yamamoto2,4, Takahiro Okamoto3, and Yoji Nagashima4,5

1Faculty of Medicine, 2Departments of Pathology , 3Breast and Endocrine Surgery, and 4Surgical Pathology, and 5Cancer Center, Tokyo Women's Medical University

(論文受付 2018年5月15日)

(採用決定 2018年8月9日)